05
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
27
29
30
31
   

真冬の工作教室

 こんばんは、こでまりです。
 またちょっと間が空いてしまいましたが、ちょっと階段から落ちて寝込んでました。1Mくらい落ちて全身打撲で寝込んでただけなので心配いりません。
 階段なんて年に5、6回は落ちるし(もしくは転ぶし)、「よくある事だよね」と、転ぶ度に言ってるのですが未だ周りから賛同を得た事がありません。もしかして皆そんな落ちてないのかな?

 とまあそんな事はさておき、今回の更新内容は、新しい背景です。
 前から新しい背景欲しいなぁと思ってた所に、こないだ買い物に行ったら、ちょうど良くイメージに合った材料がそろっていたので作ってみました。
 その昔NJ会報に載っていた簡単背景で、材料費216円、制作時間30分。うちの背景大半はこの作り方で作ってます。


 ではまずこちら。今回の材料です。
 画像左より、貼れる布(100均)、段ボール(廃材・今回はキャッスルさんで人形を4体以上買った時に輸送に使われた段ボールの大きい部分を使いました)、木目調テープ(100均)、板目紙(廃材・ある程度厚みがある厚紙だったら何でも良い)。最後に出てきた板目紙はお好みで。無くても別にかまいません。
 段ボールの大きさは、38cm×36cm。大きい方が縦になります。これに色々貼っていって背景を作ります。
 私が画像を撮すのに使い勝手が良い大きさがこの位なので、これを見て試そうと思った方は、ご自分の都合の良い大きさに各自アレンジして下さい。
y_hk1.jpg


 で、出来上がりです。
 途中は撮すまでもない位簡単なので省略ですが、
 1.バランスを決める(腰板の高さをどれ位にするか)
 2.壁紙を貼る。(ここで普通の布を使うとボンド薄めて塗って貼ってで、手は汚れるし色々大変なのでシール状の布を使ってお手軽に済ませます)
 3.腰板を貼る。(今回は木目調テープも幅2cmサイズの物をそのまま利用してるので腰板の高さに切るだけ。さらに時短してます)
 4.腰板の飾り(?)を貼る・腰板の横の部分です。今回は幅1.5cmにして、余った部分は下に貼ってみました。

 因みに、段ボールを使って背景を作る理由は、木目調テープで腰板を貼る時にちょっとすき間を空けて貼りそれっぽさを出すのですが、段ボールだと色が茶色なので、特に何もしなくても不自然にならないからです。
 逆に、今流行のシャビーっぽい物を作ろうと思ったら段ボールではなく、白もしくは灰色の厚紙に白っぽい木目調テープを使う事になるのかなと思います。
y_hk2.jpg


 ちょっと長くなるので、畳みます。




 と、ここまではNJ会報に載ってた作り方で、この先は私のアレンジです。
 材料の4番目に出てきた板目紙がまだ登場してない事にお気づきのあなた、あれはこんな風に使います。(下画像、背景の裏面です。)
 5.裏面に自立用のブックエンド差し込み口を作る 段ボール下方の白が、それです。(上の方に茶色く1本線が入っているのは、表で腰板に使った木目調テープの余った部分を貼ってるだけです。)
y_hk3.jpg


 これは以前撮した他の背景の裏側ですが、あの白い部分にすき間を作っていて、ブックエンドをそこに差し込める様にしてるのです。
 これで、背景が自立します。用が済んだら引っこ抜けばいいので、収納も場所を取りません。
y_hk4.jpg


 ブックエンドの厚みと幅に合わせて、すき間を作ってます。
y_hk5.jpg



 普段は見せない撮影の裏側。
 ブックエンドはL型の物を利用して(100均で調達)、スペースに余裕が在る時は、下の様に利用して重しを置き、余裕がない時は逆向きに利用して撮影物や床用の素材の重みで倒れない様にしてます。
 あと、下画像は床用のパネルの上に背景を載っけてて、ブックエンドと背景で地面からの高さが異なってるのですが、この辺の融通が効くのも自立補助材のブックエンドに固定せずに差し込むだけにしてる所為なのです。
y_hk6.jpg


 上の画像を表から。
y_hk7.jpg


 で、今回作った背景の試し撮り。
 なかなか良い感じ。
 ただ、今回100均の布テープを使って、貼ってる段階で粘着力が弱いなぁと感じたので、耐久年数は低いかもなぁと思いました。
 いつも利用してる水色のボーダー花柄はフェリシモで買った布テープで、もう10年以上使ってますがまだしゃんとしてて、上で写ってる白の物は100均で買った壁紙で、たぶん作って10年位になると思います。剥がれ具合は画像で判断して下さい。私感としてはちょっとくたびれてきてるかな。
y_hk8.jpg


 余計な物を見せない為にギリギリで切ってますが、38×36でこの大きさです。
 2体並べて撮せる位の横幅。窓辺のカラーボックスの上で撮影する事が多いので、カラーボックスに乗る大きさが、私的ベスト。
 右側にちらりと写ってる銀色の物はレフ版代わりのアルミシールを貼った段ボールです。
 今回の床は、100均で買ったベロア調のジョイントマット。
y_hk9.jpg


 安いだけあって今回の背景、布目が粗いのですが(100均布特有のすけすけ感といいますか)。
 画面を通して見るとアップで撮してもそんなに気になりませんね。壁紙特有のぼこぼこ感みたいに感じて。肉眼だと気になるのですけど。
y_hk10.jpg


 安くて簡単に作れて、収納設置も簡単で、そこそこの見栄えなので、気になった方はどうぞ。


 おまけ。
 次出品予定の服です。
 ruruko、ピュアニーモXSサイズ。両方ともrurukoで出品します。
 まだ作りかけの段階で、バランスを見る為似た様なシルエットの物を着せてたり、セット内容は変更になる可能性がありますが、こんな感じです。
y_hk11.jpg


 では最後までお付き合い頂きありがとうございました。
 拍手もありがとうございます。
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

こでまり

Author:こでまり
「のいちごソーダ」のブログです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

カウンター

リンク

検索フォーム